格安航空券の登場により、選びやすくなった飛行機の旅!きちんと仕組みを理解し、安全に乗ろう!

- 格安航空券が出回りだして飛行機事情は変わった

2つ並んだキウイジュース

新着情報

◆2018/08/17
格安航空券が出回りだして飛行機事情は変わったの情報を更新しました。
◆2018/03/05
格安航空券はなぜ安いのか、その仕組みを知るの情報を更新しました。
◆2018/02/26
格安航空券を購入した場合の注意点の情報を更新しました。
◆2018/02/26
格安航空券にはいろいろと種類があるの情報を更新しました。
◆2018/02/26
これから格安航空券の予約をしようと思っている人への情報を更新しました。

格安航空券が出回りだして飛行機事情は変わった

格安航空券が出回り始めてから、ずいぶん飛行機への敷居が下がったという人も多いのではないでしょうか。これまでは飛行機に乗るといえばかなりお金のかかることで、交通手段としてはあまり考えない人も多かったですね。

格安航空券が国内で出回ってから

ビーチで遊んでいる様子

出回るようになってから国内の飛行機事情も変わったという人も増えています。これまでは高いので、よほど遠くへ出かけるときや、飛行機でなければ出かけられない場所へ行くときの交通手段として利用されている事が多かったのですが、それがなくなっているのです。今は様々な交通手段と天秤にかけて、どの交通手段で行こうか、効率の良さなども考えた上で検討する動きがあります。その中に飛行機も含まれている事が多いのです。下手をすれば場所と時間によっては新幹線よりも早く到着して、なおかつリーズナブルな値段で飛行機に乗ることができるとあって人気を集めています。これも格安航空券が出回り始めたからだと考えられるでしょう。

どのような人が利用しているのか

どのような人がこのチケットを買っているのか、それは本当にさまざまで、チケットの存在を知っている人であれば、特に何も考えず迷わず安いチケットを選ぶという事が増えています。航空チケットを選ぶとき、同じ便で同じ出発時刻でも、どこで買うかによって値段が随分違ってくるのです。そこで賢くて知識のあるひとなら迷わず格安航空チケットから探すでしょう。インターネットを使える人で少し自分で手配しても大丈夫だと思っている人ならきっと、誰でも利用しているのが現状といえるでしょう。

どのようにして手に入れているのか

ではこのチケット、どのようにして手に入れているのでしょうか。例えば大手の航空会社のカウンターへ行って格安航空チケットをくださいと伝えたところで、実はその当日に手に入れることはできません。格安航空チケットといっても種類が色々とあり、発売される時期も違いますし、購入できる窓口も結果的には違っているのです。発行している大元は同じでも、販売窓口の違いによって値段が違っているのです。そもそもチケットというのはもともとは航空会社が発売していますよね。その航空会社が一般のお客さん向けに販売しているチケットと、旅行会社や旅行代理店向けに、ツアー用に組むのに用意して卸しているチケットがあるのです。一般のお客様向けにダイレクトに販売しているチケットよりも、ツアーを組むために用意しているチケットのほうがはるかに値段が安いのが特徴です。

どこで買えばいいの?

どこで買うのか、それは主に、航空会社、そしてツアー会社、格安チケット取り扱いサイト、旅行代理店などです。それなら普通のチケットと変わらないと思う人もいるでしょう。そうですね。普通にチケットを購入するのとほとんど変わりはありません。何が違っているのか、それは買うタイミングなのかもしれません。航空会社へ行けばいつでもチケットは販売されています。しかし格安航空チケットが欲しいのであれば、ある程度早めの時期で早割を利用して購入しなければいけないのです。早割をどこの航空会社も用意していて、正規の値段よりもかなり安く販売しているので、早割を利用すればお得に購入することができます。ほかにはツアー会社や旅行代理店ですね。先ほど言いましたが、航空会社がツアー会社や旅行代理店向けに格安なチケットを卸しているのでそれを利用すれば安く格安航空券 往復チケットを手に入れることができるのです。どこで予約を入れるのか、そしていつのタイミングで予約を入れるのか、それが重要になってくるのではないでしょうか。いろいろなチケットの種類があるので、自分が行く時期の最安値をチェックしたうえで選ぶといいでしょう。