格安航空券を購入した場合の注意点

- 格安航空券を購入した場合の注意点

2つ並んだキウイジュース

格安航空券を購入した場合の注意点

格安航空券を予約するときは、注意が必要です。安いからと言って国内で完全に安いのかと思ったら裏があることがあるのです。こんなはずではなかったという事にならないためにも、しっかりとどのような内容のチケットなのか知った上で利用しましょう。

午後便利用という言葉の意味

格安航空券の国内のタイトルを見ているとよく、ツアー会社や旅行代理店のタイトルで「午後便利用」と書かれている事があります。午後便と聞くと、行きも帰りも午後便でゆっくりできるのかというイメージがある人もいますよね。しかし、実際のところは行きだけが午後で帰りは早朝という事があるのです。出発時間を考慮して観光なども考えないといけないと思いますので、例えばせっかく1泊2日しようと思っていたのに、結局滞在時間が24時間もないという事もよくあることです。便が決定していない午前出発、午後出発といった書き方がしてある場合は、注意が必要かもしれません。便が決まっていない格安航空券などはこういった時間帯が普通ではないことが多いので注意しましょう。遅い出発で早い帰国といった、一番滞在時間が短いことになりがちですので注意しましょう。

日程が変えられないことが多い

雪山にあるティーカップ

そして格安チケットはツアー用のものが多いので、基本日程変更を受け付けていないケースが大半です。ですから行き帰りの便を予約したらその便に乗らなくてはいけないのです。安いチケットを購入したけれど、その日に仕事が入ったとか予定が入って乗ることができないという事になってしまったら残念すぎますよね。普通の飛行機なら日付変更がスムーズにできることが多いのですが、格安なチケットはできないことの方が多いでしょう。無理やり変更するとなると日程を変更するしかなかったり、手数料を支払う必要があったり、何かと不都合なことになります。もしも変更できたとしても高い値段になってしまう事もありますので、十分な注意が必要です。

シーズンとオフシーズンの値段の違い

格安なチケットは割引率がシーズンによって違います。大きな変動があるので、しっかりとシーズンオフなのか、シーズンなのか確認したほうがいいでしょう。チケットによっては正規の値段の9割引きになっている事もあります。安いチケットの場合は半額程度しか割引されていないこともあります。半額程度だとあまり安く感じられないですよね。お盆、ゴールデンウィークといった料金が高くなるようなときは、必然的に格安なチケットも高まります。正規チケットよりも高くなることもあるといわれているので、逆転現象になっていないかどうか、しっかりと確かめた上で利用したほうがいいでしょう。値段が高めだなと思ったら比較をした上で購入するといいでしょう。

格安なチケットはマイルがたまらない

格安チケットの注意点としてマイルがたまらないという事があります。マイルを貯めたいと思っている人にとっては全くたまらないので注意しましょう。マイルを貯めたいのであれば、正規の航空会社が発売している早割などを利用するといいでしょう。早割でしたらマイルをためながらチケットを安く手に入れることができます。

乗り遅れの場合には

乗り遅れた場合に、情状酌量してもらえないことが多いです。道路が渋滞していた、電車が遅れていて予約した飛行機に乗れない場合は、ほとんどの場合は次の便にのせてもらえることが多いとは言われているのですが、新しいチケットを購入しなければいけないこともあるといいます。新しいチケットを買って飛行機に乗り直すのであれば、格安なチケットを購入している意味がないこともありますので注意が必要です。格安チケットの中でもFIXは乗り遅れの情状酌量がないといわれているので注意しましょう。